ホームお知らせ一覧>シニア災害ボランティアシンポジウムの開催(2月14日)

お知らせ

シニア災害ボランティアシンポジウムの開催(2月14日)


高齢化社会を迎え、シニア世代が増加する中、災害に強い地域づくりを進めるためには、過去の災害の教訓やボランティア活動に学び、地域における自主防災活動や防災教育とそれを支えるボランティア活動を行うことが大切です。このようなことから、被災地域における活動とそれを支えるボランティアの役割について理解を深めるため、高知県と一般財団法人地域社会ライフプラン協会では、シニア災害ボランティアシンポジウムを開催します。

    ◆日時:平成26年2月14(金)13:00~16:00(開場12:30)
◆開催場所:高知県立ふくし交流プラザ2階多目的ホール (高知市朝倉戊375-1) ◆申込先:高知県地域福祉政策課
    TEL:088-823-9090/FAX:088-823-9207
E-mail(060101@ken.pref.kochi.lg.jp)
    申込締切・・・平成26年2月7日(金)※定員になり次第締め切りとなります。
      ◆内容
    [講演](13:10~14:10)
「災害時のボランティア活動の目的と役割、求められる平時の取り組み」
    講師:桒原 英文(コミュニティ・エンパワメント・オフィスFEEL Do 代表)
      [事例報告](14:20~15:50)
    ①「東松島市社会福祉協議会の被災者支援活動」
      講師:阿部 英一(宮城県東松島市社会福祉協議会常務理事)
        ②「鳥取県西部地震における被災後の地域づくり活動」
      講師:山下 弘彦(日野ボランティア・ネットワーク)
    ③「高知県における過去の災害ボランティアの取り組み」