ホームお知らせ一覧>四国霊場開創1200年記念「空海の足音 四国へんろ展」《高知編》が開催されます!

お知らせ

四国霊場開創1200年記念「空海の足音 四国へんろ展」《高知編》が開催されます!


平成26年(2014年)は、空海が四国霊場を開創したと伝えられる弘仁6年(815年)から数え、1200年という大きな節目を迎えます。
これを記念して、四国4県の博物館・美術館において「四国へんろ」をテーマにした展覧会が開催されます。(各県で展示作品が異なります。)
高知編では、県内の札所に脈々と受け継がれてきた貴重な仏像、絵画、工芸品、仏具、文書、遍路石が一堂に展示されてます。
四国内外の空海ゆかりの宝物をあわせ、国宝・重要文化財を含む総数約130件の多彩な作品で、今も四国に息づく遍路文化を見に行ってみませんか。

・行事名 : 四国霊場1200年記念「空海の足音四国へんろ展」《高知編》 ・会 期 : 平成26年8月23日(土)~9月23日(火・祝)
       [前期展示:8月23日~9月7日、後期展示:9月8日~9月23日]
       会期中無休  9時~17時
・会 場 : 高知県立美術館(高知市高須353-2)
・観覧料 : 一般 1,200円(前売り1,000円・団体960円)
       大学生 800円(前売り700円・団体460円)
       高校生以下無料

・その他 : 9月10日(水)~22日(月)は第43回オールドパワー文化展も同会場で開催しています!
      

お知らせ一覧に戻る