「認知症の人の意思決定支援について考える」研修【実施日:2019年11月11日

研修区分

Ⅱ) テーマ別研修

研修名

「認知症の人の意思決定支援について考える」研修

研修実施日

2019年11月11日

申し込み締切日

2019年10月31日

研修概要

私たちは、自分で意思を形成し、それを表明でき、その意思が尊重され、日常生活・社会生活を決めていくことが重要ですが、このことは認知症の人についても同様です。平成30年6月に策定された「認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン」は、認知症の人を支える周囲の人の意思決定支援の理念や姿勢、方法、配慮すべき事柄等を整理して示し、認知症の人が自らの意思に基づいた日常生活・社会生活を送れることを目指しています。
そこで、今年度のリーダーフォローアップ研修は「ガイドライン」策定に関わられた池田惠利子先生をお招きし、認知症の人の意思決定支援について考えます。

1.日時
 令和元年11月11日(月)10:00~12:00(9:30受付開始)

2.場所
 高知県立ふくし交流プラザ 5階研修室A(高知市朝倉戊375-1)

3.日程
 10:00~11:30
  講演「認知症の人の日常生活・社会生活における意思決定支援ガイドライン」について
  講師:池田 惠利子氏
 11:30~12:00
  質疑応答・ディスカッション

4.講師紹介
 池田 惠利子(いけだ・えりこ)氏
 苦情申立て等アドボカシー活動に係わり虐待対応や身寄りのない方への後見人活動、オンブズパーソン等、幅広く権利擁護活動に取り組んできたソーシャルワーカー。厚労省老健局の「日常生活や社会生活等において認知症の人の意思が適切に反映された生活が送れるようにするための意思決定支援のあり方に関する研究事業」策定委員を務めた。

5.対象
 認知症ケアに関わる施設職員・管理者・施設長、居宅介護事業所ケアマネジャー、地域包括支援センター職員、認知症の人と家族の会の方等
 高知県認知症介護実践研修「実践リーダー研修」修了者、高知県認知症介護実務者研修「専門課程」修了者、認知症介護研修指導者

6.受講費
 無料

7.申込み
 「受講申込書」を令和元年10月31日(木)までに、下記お問い合わせ先までFAXで送信してください。

8.お問い合わせ
高知県福祉研修センター(担当:仙頭)
〒780-8567 高知市朝倉戊375-1 ふくし交流プラザ1階
電 話:088-844-3605
FAX:088-844-9443

資料

ミニ研修カレンダー

ミニ研修カレンダーをスキップ

  • 11月
  • 12月
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

» 翌月以降

  • 【高知県社会福祉協議会】

高知県福祉研修センター

〒780-8567 高知市朝倉戊375-1ふくし交流プラザ内
TEL 088-844-3605
FAX 088-844-9443

【福祉交流プラザ マップ】
マップ:クリックで拡大

交通のご案内

〈JR高知駅から〉
路面電車に乗車、はりまや橋で下車して、とさでん交通バスの堺町バス停から「天王ニュータウン」「八田」「高岡」行きのバスに乗車、朝倉第二小学校前で下車
タクシーで20分
〈JR朝倉駅から〉
とさでん交通バスの「学芸高校」「天王ニュータウン」「八田」「高岡」「須崎」「宇佐」行きのバスに乗車、国立病院前で下車、バスの進行方向から見て左方向(南)へ徒歩約10分(バス停前方の信号を左折)
タクシーで約7分