VOL.11 被災地支援「人・モノ・金」

2011年3月16日

 
高知県ボランティア・NPOセンター運営委員
 
    副委員長 山﨑水紀夫

目を疑うような光景がテレビの画面に映し出された東日本大震災。何かできることはないかという問い合わせを多くいただき、皆さんの善意に心から感謝します。その一方で被災地支援は「善意が凶器にかわる」危険性をはらむことが多々あります。

被災地支援をカテゴリで分けると「人・モノ・カネ」と言われます。

「人」については、被災地から遠く離れた地域からの一般ボランティアは募集しない場合が多く、受入態勢が出来ていない状態で県外ボランティアが押し寄せると、食事・宿泊・トイレなど被災者が増えるのと同じことだとも言われます。ボランティアとして協力したいという気持ちはありがたいですが、現地へ行く旅費を義援金に充てた方が有効な支援となるのも事実です。
 

 次に「モノ」は遠方でも支援が可能ですが、阪神淡路大震災では、郵パック100万箱とも言われる善意の物資が届き、その仕分けに人員が割かれたうえに、開封に1ヶ月以上かかり、食べ物と一緒に送られた物資は腐敗しゴミとなっていたという教訓もあり「整理されない物資は迷惑物資」として、以後の災害では、救援物資は個人から求めなくなった経緯があります。

救援物資を集める場合は高知で集約して、種類別、サイズ別に整理して梱包し、箱の外に内容・数量を書き、開封しなくてもわかるようにして送ります。このような支援活動があればお知らせしますので、善意を善意で届ける被災地支援にご協力をお願いします。
 

« ピッピコラム トップ



ミニイベントカレンダー

ミニイベントカレンダーをスキップ

  • 8月
  • 9月
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イベントカレンダー

  • 【ボランティア・NPO 団体情報】
  • 【登録団体 更新ログイン】
  • 【事務局ブログ】
  • 【高知県ボランティア・NPOセンター】
  • 【高知県社会福祉協議会】
  • 【高知県災害ボランティア活動支援本部】
  • 【熊本地震・豪雨ボランティア情報 熊本県災害ボランティアセンター】
  • 【高知のNPOを支える 寄付広場】
  • 【高知大学】
  • 【携帯版ピッピネットQRコード】
    携帯版ピッピネット
    http://www.pippikochi.or.jp/k/