ボランティアってなあに?

ボランティアとは

社会問題の解決のために、「自分のできることを」「できる範囲で」、「自らすすんで」行うことをいいます。

「ほっとけない!」から始まる

「身近な人が困っているのを助けたい」「近所の川が汚れているのが気になる」など、きっかけはとても小さなこと。ちょっとした問題に気づき、自分にできることを考えてみること。自分のまわりのこと、社会のことを少し考えてみること。身近にある「ほっとけない!」思いからボランティアは始まります。

「自分の力を活かしたい!」から始まる

自分の得意なことを活かして、周りの人にもよろこんでもらえたらうれしいですよね。いろんな人との関わりを通して、自分を成長させてくれる場にもなります。

ボランティアの語源は?
英語の志願兵から来ているというのが一般的ですが、ラテン語のボランタ-ル(自由意志)から来ているとも言われます。いずれにしても、強制されるのではなく、自ら進んで参加するという点では共通しています。
ボランティアと奉仕活動は違うの?
ボランティアは「奉仕」と訳されることがありますが、「強制的」な活動を含む「奉仕」に対して、ボランティアはあくまで「自発的」であることが前提です。活動する側とされる側の関係も、上下関係ではなく、対等なものと考えられています。

魅力がたくさん

いろいろな人との出会い
ボランティア活動の魅力の一つは、活動を通じていろいろな人との出会いがあることです。仕事仲間や同級生、趣味の仲間とはまた違った、いろんな価値観や個性を持った人から、刺激や元気をもらうことができます。そこから視野が広がって新しい自分の再発見にもつながります。
社会の役に立てる
ボランティアしている人からは、「自分が楽しくてやっている」という声をよく聞きます。自分にとってはちょっとした行動でも、それが人や社会の役に立っているということはたくさんあります。ちょっとずつの「いいこと」が集まって、地域や社会をいい方向へ変えていく力になるんです。
技術を磨ける
自分の持っている知識や特技を活かせるボランティアでは、技術をさらに磨くことができます。

ボランティア活動をしている人は、表情がいきいきしています!

  • 実際に活動をしている人に、魅力や、活動をはじめたきっかけをたずねてみました。

    てをつなごうVol.84[発行:2009年10月]を読んでみる(PDFファイル)

  • 「こうちボランティア・NPO通信『てをつなごう』」(リンク準備中)では、高知県内で活動している人や団体、学校や地域の取組みなどを紹介し、ボランティアの魅力や必要性を発信しています。

« ボランティアはじめの一歩へもどる



ミニイベントカレンダー

ミニイベントカレンダーをスキップ

  • 5月
  • 6月
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

イベントカレンダー

  • 【ボランティア・NPO 団体情報】
  • 【登録団体 更新ログイン】
  • 【事務局ブログ】
  • 【高知県ボランティア・NPOセンター】
  • 【高知県社会福祉協議会】
  • 【高知県災害ボランティア活動支援本部】
  • 【熊本地震・豪雨ボランティア情報 熊本県災害ボランティアセンター】
  • 【高知のNPOを支える 寄付広場】
  • 【高知大学】
  • 【携帯版ピッピネットQRコード】
    携帯版ピッピネット
    http://www.pippikochi.or.jp/k/